たまには多摩語り ひなまつり【女性の幸せを願って】

 ひなまつりは昔より女の子の祭とされ、2・3日前に赤白緑の餅をつき、のして菱形に切り、3枚重ねにして白酒と共に雛壇に供える。本来は桃の花だが、まだ咲いていないので代わりに紅梅を飾る。もともと中国から伝わった五節句のうちのひとつで身のけがれを人形に移して流す「流しびな」が行われていたものが、現在のようなひなまつりになったと言われている。女の子が生まれて初めての三月三日を初節句という。お嫁さんの実家から内裏雛(お殿様お姫様)か、段飾りの雛人形が送られてくる。仲人、親戚からは高砂の雛や七福神の布袋様のように、長生きと家族円満を祈るお祝いの品が届く。お返しとして三つ重ねの菱餅一組と、蛤、白酒を配る。菱餅の三色は、上から太陽を表す赤、空間を意味する白、大地の緑の順に重ねる。赤は食紅、緑はヨモギの葉をたたいて混ぜ合わせて色をつける。蛤は、男女の強い結びつき、絆の強さを表す。ひなまつり当日には、ご近所の女性たちがおのおの子供を連れ、雛人形を見に来る。家人は白酒やあられでもてなす。男はまったく入る余地のない、女だけのお祭りで、男抜きで馳走を食べおしゃべりすることが楽しみだった。この日、女の子は母親から作法を学び、お客様の接待をする。女性として一人前に扱ってもらう喜びを感じる日でもあった。飾った餅は、細かく切り、むしろの上に干しておき、ほうろく(鉄製のなべ)で焙って、さとう醤油で味付けしてあられをつくる。子供たちのおやつに、大人の酒のつまみに、また保存食としても用いられた。もともと餅は神様に供えられる神聖な食べ物として祝い事には欠かせないものだった。餅には子供の長命を願う親の気持ちが託されている。子供が成人してお嫁に行くときは、「一人で行かせるのはかわいそうだから」と、親元から人にかわる内裏雛を持たせ、子供が生まれるまでの間ひな祭りに飾られた。女性は生まれてから女の子を出産するまで、常に雛人形と共に生きていたと言える。 1997.3.1号掲載

たまには多摩語り 初午【いなりずしの起源は】

 多摩の旧家では屋敷神として稲荷宮を祀っているところが多かった。この祠は、その家の裏鬼門などに祀られているのが通例であるが、東南や南西などの角に祀っているところもあった。稲荷(いなり)は居生(いなり)に通じ、その屋敷に永住する意味を持つと言われていた。京都の伏見稲荷大明神が初めて鎮座したのが2月の初午の日であったことから、稲荷神社の祭りが初午の日に行われるようになった。初午の日には古い農家では一族が集まってご馳走を作り酒宴を開くところもあった。神前にはお酒と蕎で作った「ツトッコ」に赤飯を盛り、三角に切った油揚げをのせて供えた。狐が油揚げを好むからだという。いつしか油揚げで作ったお寿司を「おいなりさん」と呼ぶようになった。祠には瀬戸焼の白い狐の像が稲穂や巻物を口にくわえた一対の狐がまつられている。稲穂をくわえているのは農の守り神、巻物は福徳を伝える使者として崇敬されてきた。昔から多摩丘陵一帯には狐が多く棲んでいて、狐坂とか狐にまつわる話がいくつも残されている。古くから、この地に住みついた人々がこの地で平安な一生が送れるようにと狐を祀り、屋敷の守護神としてきた。初午のまつりには五色の色紙で作った幟に「奉納正一位稲荷大明神」と筆太に書いて立て、祭りを印象づけている。寺子屋の時代に、手習いをする子供が文字の上達を祈って奉納したとも言われている。今ではツトッコは使われなくなったが、プラスチックや瀬戸物の皿に食物を盛り、お稲荷様に供えたりしている。今年も2月10日には、多摩センター駅前に五色の幟が立つことだろう。 1997.2.1号掲載

「おらが町の梅酒白加賀」 梅の収穫ボランティア募集

 多摩市産の梅100%の梅酒が6月2日に発売される。この梅酒の梅は昨年市民のボランティアで収穫したもの。仕上がりが楽しみだ。今年も、(来年発売の梅酒)仕込み用梅の実を農家や酒屋さんと一緒に収穫しませんか?お手伝いしてくれた人には梅1kgのお土産付きです!
◇収穫予定日 6月9日(土)※梅の実の生育状況や大雨のときは変更有り/雑草地のため汚れてもよい服装で◇集合場所 聖蹟桜ヶ丘駅前/ザ・スクエア北側の農産物直売所いきいき市前 P無し◇集合時間 8時30分◇申込み・連絡先 東京多摩南農協多摩支店℡042(375)8211 多摩市酒販組合 ㈲小山酒店 ℡042(375)7026 

“ゆかた”で夕涼み

 今年の夏、着物で夕涼みなどいかがですか。まずはゆかたから、前結びで簡単きれいな着こなし術を学びませんか?
★便利なチケット制(4回5,000円)月・水・土曜 14時~ 資格取得コース・教室開設など★和裁教室 火曜14時~ 1回500円◆お気軽にお問い合わせ下さい。八王子市下柚木671-2℡042(675)7579「前結び」風間まち子着付け教室

子供ぬり絵大会 オンリーワンアース

 小学生対象のぬり絵ワークショップ。この大会の作品は審査の上“世界ぬり絵大会7/15・16”に展示されます。あなたも世界ぬり絵大会に出品しませんか。
◇日時 6月16日(土)13時~16時◇会場 関戸公民館7F創作室◇参加費 5百円※くれよん・A3の下絵用紙はこちらで用意します。
◇定員 32名先着順/要事前申込み◇申込 ℡042(676)3900 広住